kato-kichi sketch 

katokichi5.exblog.jp

俺が俺に捧げる園芸講座

ツイッターを始めてから植物に関係して生きている人達の
日常を垣間見る事ができとても面白い。

市場、フラワーデザイナー、生け花の先生、育種家、花屋、趣味家、コンサルタント、卸
造園家、カメラマン、画家そして農家などなど。

花にまつわる人ってたくさんいて、みんなそれぞれに
植物との毎日を送っているのだなという当たり前の事実に感動すらする。

そして自分も、実はすごく楽しい仕事をしてるんだなと改めて思う。
(花関係の人にリムーブされると軽く傷ついたりして)

そして花関係以外の自分の興味ある分野でフォローしている人達の中にも
かなり頻繁に植物についてのつぶやきが散見される。

潜在的植物好きってのはかなり多いのではないか。

ただ、興味があっても自分で育ててみるというのには敷居が高いというか。

実際、自分の友達にも興味はあるが「よく分からないから…」と言う人は多い。

「私はサボテンでも枯らしちゃうから…」という感じの。
(サボテンは水がいらないという都市伝説!)

俺の嫁がその典型で、家にもう20年以上ある観葉植物を
見事に水切れを起こさせてくれて葉っぱ2枚にしてくれた。
(今はとてもとても上手です。…一応書いとかないと)

俺はそういう人が植物の面白さに気付くには
どうすれば良いのかとよく考える。

植物に興味を持った人がすっと始められる何かを
誰か考えられないだろうか。

「そうすれば、花がもっとたくさん売れるから」とか
そういう事ではなくて、やってみれば本当に面白いから。

植物を育てないと損てわけではないけど
もったいないって事よ。ちょっとだけ。


そういう自分も20代前半まで花の事など何も分からなかった。

10年以上前、第一園芸研修させてもらう事になった初日に
大勢の社員の皆さんの前で

「この花なんて名前ですか?」

と聞いたら、みんなが黙ってしまったのを良く覚えている。

「え、だからこの花、何て名前ですか?』

仕方なしに、誰かがため息まじりで

「……………カーネーション……。」

と教えてくれた。


プロでもこういう話は結構あって、山梨のシクラメンで超有名なある生産者の方も
最初は「何で鉢に穴が空いているか」分からなかったと言っていた。

イソトマをイソマトと言い続ける肥料会社の人もいたし。(それは別に良いか)

素晴らしいビオラを作って毎年出荷する、知り合いのおばちゃん生産者も

「とうちょうしちゃうから、とうちょう」

と、徒長(とちょう:茎や枝が無駄に伸びてしまう事)の事を
盗聴(とうちょう)と今でも言っているし。
(俺は彼女をロシアから来た女スパイだと踏んでいる。)


プロでも最初は分からないし、間違えるんだから
初めての人はもっと気楽に始められたらと思う。


昔、ロンドンに住んでいた頃
花屋になると決心して初めて花を買って見ようと思い
チューリップの鉢植えを買って自分の部屋に置いた。

俺にとっては花=チューリップだった。

毎日せっせと水をやりチューリップはどんどん大きくなっていった。
そしてついに花が咲いた。

「俺ってやっぱ花屋になるべき男なんだな」

「ナチュラルボーン花屋って俺の事じゃね?」

と悦に入っていると
チューリープはそれからもどんどん成長していき
最後には大きくなりすぎて倒れ、根元から折れた。

「何で?花ってこういうもの?」

初めての挫折を味わった。

そして色々と考えた結果、一つの重大な過ちに気付いた。

俺はチューリップを暗い部屋に置いたまま太陽に当てていなかったのだ。

つまり、盗聴、いや徒長してしまったのだ。


だから、俺は初心者はそんな基本的な事も忘れると言う事を
よく分かっているのだ。

俺は初心者の心を持つ生産者なのだ。(それって良い事?)


俺は、園芸やガーデニングの先生の多くが
「もともと植物を好きだった人」
なのが初心者が入りにくい理由じゃないかと思っている。(←パンク発言。初心者に限ってね)

最初から植物を楽しめた人は
興味はあるけど楽しみ方が分からない人の気持ちが
分からないのではないか。当たり前の事すぎて。


昔の俺もそうだった。

「まずは何をどう楽しめばいいの?」

広大な植物ワールドの海の前で、海に入って楽しむ人々を眺めながら
立ち尽くすだけだった。

「自分の好きなように自由にやればいいんだよ」

初心者だってそんな事は分かっている。

本当の最初に聞きたいのはそんな事じゃない。


次回は、超初心者向けの園芸教室的な事を書こうと思う。

それは「あの頃の未来」に立っている今の俺が
イギリスでチューリップを買った頃の超初心者の俺に送る
未来からの園芸ラブレターなのである!!!(指で鼻の穴をほじりながら)

b0189463_1482469.jpg
イギリスで初めて育てたチューリップ

**************************

b0189463_148717.jpg

前回のブログで紹介した、花屋かと吉のHPの絵も描いてくれた
河野愛さんがジャケットを担当したSerphのニューアルバム。

ジャケット目当てで購入したが、うーん。
ファーストアルバムもアマゾンしてしまった。

河野さんの絵と同じで様々な要素が緻密に配置されていて
色んな意味でさじ加減が抜群。音楽。


[PR]
# by kato-kichi5 | 2010-07-11 12:10

農家とホームページ

花屋かと吉のホームページを見て頂いた事があるでしょうか?

花屋かと吉kato-kichi.com

このサイトに素晴らしい絵を描いていただいた
河野愛さんがブログでかと吉の事を紹介してくれました。

artia "花屋かと吉"さんのホームページ


花屋かと吉のHPは河野愛さんに絵を描いてもらい、
アーティストでWEB制作もしている三浦伊織さんに全体の制作をお願いしました。

河野愛さん御自身のHPもこのお二人で作られています。 

河野愛|AI KOHNO.COM


河野愛さんはHPやブログを良くみてもらえれば分かると思いますが
自然や動物を主に描かれていて、ファッション関係から音楽
小説、TVなど色々な分野の方々に絵を提供して活躍されています。

自分はあまり絵につて詳しくはないのですが
単純にとてもいい絵だなと思うし、凄く好きです。

河野さんの絵を知ってから絶対にお願いしたいなと思っていました。

ネット上では「ビートルズのリボルバーみたいで素晴らしい」
とか書いている人がいましたがw

緻密で重厚なのにシンプルだったり、可愛いかったり怖かったり
色々な要素と独特の勢いがあって
見ているとその世界にすっと引き込まれてしまいます。

河野さんの黒と白で描かれた世界で
カラフルな花屋のHPを作れるたらどんなに良いだろうと
制作が決まってからずっとワクワクしていました。



そして、HPの内容から制作を全てやっていただいたのが三浦伊織さん。

太陽と星の運行を見守る窓

三浦さんとは何ヶ月もかけてメールで何度もやり取りしながら
どんなHPにするか決めていきました。

その内容は秘密wですが
自分がなぜ花屋をやっているのかという
根本の部分から考えていくようなやり取りでした。

自分にとってはそれがあったおかげでHP制作だけでなく
農場の今後についても考える事ができたので凄く感謝しています。

三浦さんは、自分の中の凄い抽象的で纏まっていないイメージを
どんどんぶつけてもすぐに理解してくれるし
そのイメージを軽く飛び越えた発想を提案してくれます。

三浦さんの作られているサイトの全てに言える事ですが
その人の気持ちが込められているのが凄く伝わるなと…。

三浦さんの作ったサイトを一度見てもらえれば
三浦さんにHPの依頼をしたい人が
たくさんいるんじゃないかと思います。

多分、三浦さんは自分よりもかなり年下だと思いますが
三浦さんの活動スタイルにも自分は影響を受けてしまいそうなくらいです。


世の中には、おしゃれだったりスタイリッシュだったりカッコいいサイトは
たくさんありますが、ただそれだけの物も多い気がします。

自分も河野さんや三浦さんに素晴らしいサイトを作ってもらって

「やったー!うれしいー!」

と、それだけで終わりじゃ寂しいので、まず始めになんと
農場で実際あった事を題材にした物語を書きました(笑)

その一部を三浦さんが付け足しまとめてくれた物がTOPに載っています。ちょっと。

農家がフェアリーテイルを書いたとですよ。

下手で馬鹿で恥ずかしくて載せてないですが
そういう事も無駄ではなく結構大切な事だったかなと思います。
(子供でも見れるサイトにもしたかったし。)

切り株の上の本も、森の音楽隊というイメージも
河野さんや三浦さんがそこから取ってくれたと思うので。


これからも三浦さんや河野さんに協力していただいて
少しづつ農場や植物にまつわる何かを更新していけたらと思っています。
(HPの本の右側はその為に空けてあります。)



このブログさえ無ければもっと良い感じのHPになるのにと思っている人手をあげてー!




三浦さんが瓜生明希葉さんへ作ったFlash
[PR]
# by kato-kichi5 | 2010-06-16 17:45

農業とマシーン

ブログを始めてから今月でもう1年になる。

当初考えていた、ブログを書いて
農場のイメージを良くしたり、売上を増やすという目的は今のところ達成されていない。

それどころか明らかに農場にとってはイメージダウンになっている気さえする。

ごめんな。農場。

こんなに良い農場なのに俺のせいで、今ひとつ成長できなくて・・・。
俺はついにツイッターにまで手を染めてしまったよ・・・。


さっきPCのフォルダの整理をしていたら、今年の1月くらいに撮った写真が出てきた。

今となれば、何の為に写したかは覚えていないが、農場で使っている機械を片っ端から撮ってある。
しかもアーティスト気取りで加工までしてある。

あの頃は、今年がこんなに大変な年になるとは知らずに無邪気に面白がっていたんだろうな。

せっかくなので少しだけアーティストになった気分で紹介するよ。

ごめんな。売上。


*****************************

僕たち農家は毎日色々なマシーンを使って植物を作ってるんだ。

例えばこのターンテーブルみたいな機械、君は何か分かるかい?
b0189463_1928413.jpg

これは挿し木などに自動でミスト潅水する時のタイマーさ。

フタをすると時計としても使えるんだ。
レトロでいい感じだろ?
b0189463_19285354.jpg


お次は、このカラフルでポップでキュートなマシーン。何だと思う?
b0189463_192911100.jpg

これはネポンのMCシリーズの制御版。

これで天窓の開閉や暖房機の温度を僕好みにコントロールするんだ。got it?

それにしてもネポンって名前かわいくない?



そして上の2つのマシーンを足すとコレ↓↓↓になるのさ。
b0189463_19385748.jpg

FutureRetro Revolution
こいつはアナログシンセ+シーケンサーという構成で、永遠の名機TB-303並みのバキバキの
アシッドサウンドを聞かせてくれるんだ。

ブルーベリーやツツジ科の植物のようなアシッド・ソイルを好む植物とも相性がいいかもね。

因みに栽培にはこのマーシーンは使わないよ。




こちらも違うタイプのネポンの制御版。
b0189463_19454782.jpg



スイッチングで遮光したり保温したり、コクってからDisったり、殴ってから抱きしめたり
好きなのに今日でお別れとか、とにかく天邪鬼なんだ。

b0189463_19303749.jpg

これは機械じゃないけど、ボイラーにたまったすすを集める為の鉄製のチリトリ。

ネポン純正だよ。

これですすを掃除してると鼻の穴がBLAKになるから気をつけないとね。

でも鼻の穴がBLACKってキュートじゃない?




そしてこの2つを足すとコレ↓↓↓になるわけ。
b0189463_19305176.jpg

DigiTech TALKER
こいつも他の機種には無い個性ある独特なボコーダーサウンドを鳴らしてくれるんだ。

これとオートーチューンがあればDaft Punkとして生きていけるね。山梨で。

因みにこのマシーンは栽培には使わないよ。



b0189463_1931565.jpg

これは・・・マイクスタンドにハスクチを付けて・・・。




ごめん。

やめた。疲れた。

自分の中のアーティストっぽく書こうとしてたけど、ただの気持ち悪い人になってきちゃた。

一応、辻仁成をイメージしてみたんだけどね。全然知らないし全然違うんだろうけど。

もう限界だよ。

辻として生きるのは。
b0189463_19311866.jpg





雨が激しく降ってきました。

雨だからって事もないですがRainstick Orchestraで。

このユニットの片割れの田中とは若い頃
一緒にイベントをやったりレーベールを立ち上げるべく活動していました。

この辺の曲を聴くと花屋になったばかりの事を思い出します。

初心忘れるべからず、なんてな事を昔の人は言いいまして。



最近、世の中も自分も重い話題ばかりで暗くなってしまいますが
なんとか明るく爽やかな感じでやりたいっすね。ほんとに。








[PR]
# by kato-kichi5 | 2010-05-25 23:31

お察しの通り

ブログを2ヶ月も放っておくとアレだ。怖いね。
書くって怖いね。
やり方忘れちゃってる事もあるし。

とにかく今年に入ってからずっと大変なわけ。俺。俺、加藤。


俺、加藤。

そう、花を鉢で育て、それを売って生きている男。

花を売って稼いだお金で米と味噌を買い
それを食べてまた花を作る毎日。

かと思えば、花を作ってそれを売ったりもして。
そしてユニクロでネルシャツを買い、それを着てまた花を作る。

そんな男。うちの加藤は。

ヒートッテックは買わない。

かと思えば徳永英明のVOCALIST4を買う。

かと思えば、花を作ってそれを売ったりもして。

そんな男。うちの加藤は。




なんか設定も良くわかんないしさ・・・。ブログやり方忘れた。



それより、今も俺加藤、まだ全然大変の真っ最中なんだけど
こんな時にブログ書いてていいのかって話で。

でもこれって学生の時、試験の直前とか勉強しなきゃならないのに
エロい事しか考えられなくなるのの大人バージョンみたいな事でしょ?
現実逃避の。

違うの?ねえ?

言おうと思えば色々あるよ。
でもね、ちょっとね。
アレだね。あのね・・・。
あのねぇ、僕ねぇ。(子供の頃の貴乃花じゃなくて今の感じで)



お察しの通り、俺加藤ちょっと壊れかけのレディオなんで
いつものYOUTUBEで誤魔化す技で今日も終わります。


最近話題のかまってちゃん。そんなのものせるよー。そりゃ。

でも、今の俺には自分が13歳の時作ったのバンドのCD方がグッとくるけどね。
次のブログそれ書こ。


もうなんでもいいよ。
雨まだ凄いね。













[PR]
# by kato-kichi5 | 2010-04-27 21:59

生きてまーす

b0189463_193366.jpg

[PR]
# by kato-kichi5 | 2010-04-20 19:05